新築マイホーム、建ててみたらやり直したいあれこれ

マイホームを建てて3年になりますが、どれだけ工夫して建てたつもりでも住み始めたら出るわ出るわ、こーしとけばあーしとけば。「家は3回建ててやっと満足いく」て聞いたことはあったけど、わかっちゃいたのにやっぱりでてきます。我が家は土地の値段がお高いところに建てることになったので、小さい小さいマイホームです。住宅メーカーも、大手は選べず、ローコスト住宅です。でも自由設計で好きなようにできたことは満足しています。ケチるだけではなく、食洗機は必要!浴室乾燥は欲しい!と、我慢ばかりにならないようにしました。それでも出てくる「あーすれば。」図面だけで話していると冒険できなかったこと、どれだけ考えても見落としていたこと。我が家の場合を紹介したいと思います。まず狭い我が家を少しでも広く見せたくてドアや窓の枠を白くしたとこまではよかったのに、ドア自体を白くすることは躊躇ってしまったこと。白くすればよかった!コンセントの数、本当にいろいろ想定して増やしたり場所を変えたりしたのに、リビングで掃除機かけるのにベストな位置にはない!なぜ!パントリーもどきな収納があるものの、実際は玄関に近いので靴や掃除道具、季節物の物置になっていて、中で電動自転車の充電器を置きたかったのに、中にコンセントがない!あまり見える所に置きたくない充電器がリビングに、、、できるだけ端にしてますが。あとは総合的なことですが、やはりマイホーム大きい買い物なので、できるだけ他の出費は抑えたいと、使えるものは前居から持ち込んだのですが、やはり新しい家に合わなかったり、後々買い換えるとわかっていたのに持ち込んだために処分と運び出しに結局手間がかかってしまったこと。後々買い換えるとかわかっているものは、引越し作業とともに終わらせておくべきでしたね。お金も、後々になればなるほど、使えてるしーって後回しになって、ずーっと、換えたいのになーって思いながら過ごすことになっています。お金にゆとりのある家庭には無縁の悩みかもしれませんが、建てて3年経った今もなんとなく未完成な我が家です。お嬢様酵素 薬局